最近の更新
0

葉月可恋 現場撮影レポート2

葉月可恋2まだあどけなさが残る19才のスペルマ妖精、可恋ちゃんだが、本性はチ○ポ大好きなエロエロ少女なんですね~!そのマニアックでスケベ丸出しプレイが連発! Read the rest of this entry »

0

130発射!特濃ザーメンS.P.C 総集編2013

ASFUR 130発射!特濃ザーメンS.P.C総集編2013 DVDジャケット

ASFUR 130発射!特濃ザーメンS.P.C総集編2013 DVDジャケット

今年もキター!発射シーンの編集オムニバス2013年版は、ASW-090以降の13タイトルから特濃発射130発!を抜粋し一気に編集。今回は1分に1度の発射!発射!発射!のザーメン祭り!発射の乱舞で女優の口の中が真っ白に!次から次へと、よくもこんな濃いマニア汁が!というザーメンがドクドク口の中に発射にされる瞬間を目撃せよ!

(注意)※各作品の発射は一部分のみです。本編の発射すべてが収録されているわけではありません。
(注意)※ごっくん(精飲)シーンは本編でお楽しみ下さい。
Read the rest of this entry »

0

葉月可恋 現場撮影レポート

葉月可恋超美少女!1994年生まれの19才!葉月可恋ちゃん(元:雪本芽衣)が初の大量ごっくんにチャレンジ!スペルマ妖精にぴったりのキャラで飲みまくってくれました! Read the rest of this entry »

0

蛇舌! 6 蛇舌を受け継ぐ女!小優乃登場!

ASFUR 蛇舌!6 蛇舌を受け継ぐ女!小優乃登場! DVDジャケット

ASFUR 蛇舌!6 蛇舌を受け継ぐ女!小優乃登場! DVDジャケット

蛇舌!5から3年7カ月の時を経て、蛇舌!シリーズが復活!その封印を解き新たに星優乃の後を継ぐ「小優乃」登場!
舌が長い女優は数いるが、蛇舌と言える女優は星優乃以外いなかった。小優乃の蛇舌は舌マニアにとっては、たまらない存在。
新たな蛇舌伝説の始まります!
※ザーメンマニア専門の為、絡みシーンはありません。

Read the rest of this entry »

0

小優乃 現場撮影レポート2

小優乃2さぁ~~~~!ベロフェチの皆様!お待たせしました!もの凄く舌技のエロイ女「小優乃」の登場ですっ!まるで生き物の様にうごめく舌をご堪能下さいね。 Read the rest of this entry »

0

小優乃 現場撮影レポート

小優乃キターーーー!星優乃ちゃんで封印していた「蛇舌!シリーズ」が、3年と9カ月ぶりに復活ですっ!主役は、蛇舌を受け継ぐ女!その名も小優乃!(@_@) Read the rest of this entry »

0

あ~やらしい!39 妖艶美女の精飲遊び 滝川かのん

ASFUR あ~やらしい!39 妖艶美女の精飲遊び」滝川かのん DVDジャケット

ASFUR あ~やらしい!39 妖艶美女の精飲遊び」滝川かのん DVDジャケット

ナイスバディーで妖艶な魅力を武器に次々と男たちを誘惑する変態女かのん。

その趣味は男の精液を飲み干すこと。たくさんの男達の、いろんな精子を味わう事で女に磨きをかける。身体も敏感で、舐められただけで直ぐにイッテしまうドスケベ体質。そんな変態かのんが魅せるドスケベ精飲を、たっぷりご堪能下さい!
※ザーメンマニア専門の為、絡みシーンはありません。
Read the rest of this entry »

0

滝川かのん 現場撮影レポート2

滝川かのん2目力抜群!相手の男を見つめながらのフェラは、たまりません!かれんちゃんに見つめられて、されるフェラは超危険かも! Read the rest of this entry »

0

スペルマ妖精 9 美女の精飲 初美沙希

ASFUR スペルマ妖精 9 美女の精飲 初美沙希 DVDジャケット

ASFUR スペルマ妖精 9 美女の精飲 初美沙希 DVDジャケット

ごっくん志願で大量ザーメン飲みを披露してくれた初美沙希ちゃんが今回はスペルマ妖精となり禁欲したザーメンマニア達の特濃精子を笑顔で飲んじゃいました!

そして、まさか沙希ちゃんが…と思うほどエゲツない飲みっぷりを披露!誰の精子でも、どんなに濃くても、どんなに大量でも、すべてニッコリ笑顔でごっくん!そんなカワイイスペルマ妖精をザーメンマニア限定で、じっくりご堪能下さい!
※ザーメンマニア専門の為、絡みシーンはありません。
Read the rest of this entry »

0

滝川かのん 現場撮影レポート

滝川かのん元グラドルの滝川かのんちゃんの登場です!初の大量ごっくん作にもかかわらず、妖艶なお色気ムンムンでマニア汁を飲みまくってくれました! Read the rest of this entry »