葉月可恋 Archive

0

即尺精飲公衆便女 10 どすけべヤリマン女編

ASFUR 即尺精飲公衆便女 10 どすけべヤリマン女編  DVDジャケット

ASFUR 即尺精飲公衆便女 10 どすけべヤリマン女編
 DVDジャケット

今回は豪華9人のドスケベ美女達が淫乱モード全開で本気マンズリ!即尺&精飲!を披露する完全撮り下ろしオムニバス!

汚い公衆便所でグッチョグチョに濡れた変態マンコに指を入れ、ズボズボとかき回してイキまくる女達!そして理性を失った女は、洗ってない汚い男のモノを即尺!あられもない格好を晒し口の中に何日も溜めたザーメンを放出される!そんなドスケベ変態女達の本性をたっぷりご堪能下さい!

Read the rest of this entry »

0

あ~もう我慢できませ~ん!暴発・早漏・ハプニング発射集

ASFUR あ~もう我慢できませ~ん!暴発・早漏・ハプニング発射集 DVDジャケット

ASFUR あ~もう我慢できませ~ん!暴発・早漏・ハプニング発射集 DVDジャケット

撮影中、あまりの気持ちよさに「あ~もう我慢できませ~ん!」と暴発するマニア達の発射を集めました!

天国に昇る様な快感の叫びをあげて発射したマニア・・・・しかしそれはパンツを下して握られた瞬間わずか数秒の出来事だった!など、設定にない段階での発射、予想外の早漏、慌てるカメラ、びっくりする女優さんのリアルなリアクションなど、生の現場をお楽しみください。誰がなんと言おうと気持ちよすぎるハプニング発射、完全嚥下のごっくんまで31発をキッチリ収録。ザーメンマニアの為の永久保存版です!
Read the rest of this entry »

0

ザーメンマニアが選んだ発射とごっくん ベスト20 Vol.4

ASFUR ザーメンマニアが選んだ発射とごっくん ベスト20 Vol.4 DVDジャケット

ASFUR ザーメンマニアが選んだ発射とごっくん ベスト20 Vol.4 DVDジャケット

asfur公式サイトのアンケート「あなたが一番抜けた発射シーンを教えて下さい」に寄せられた312通の回答から、2013年1月発売作品から2013年12月発売作品までの
ベスト20シーンを編集しました。本物のザーメンマニアが選んだだけあって、どれも特濃汁で大量発射のシーンばかり。気持ちよすぎる発射から完全嚥下のごっくんまで69発をキッチリ収録。ザーメンマニアの為の永久保存版です!

※ザーメンマニア専門の為、絡みシーンはありません。

Read the rest of this entry »

0

美女と包茎! 4 特別版 オール真性包茎しゃぶり

ASFUR 美女と包茎! 4 特別版 オール真性包茎しゃぶり DVDジャケット

ASFUR 美女と包茎! 4 特別版 オール真性包茎しゃぶり DVDジャケット

大人気!包茎しゃぶりシリーズ、第四弾はオール真性包茎でお届けします。なんと7人の美女達がニオイを嗅ぎ、じっくり弄くり観察しながら皮の中まで舌を突っ込み舐めあげる特別企画!生まれてから一度も剥けた事のない皮の中で熟成された特濃汁はすべて美女達の口の中に大放出!鼻が曲がるほど臭っさい真性包茎ザーメンを口と舌で味わい、ぜんぶ飲み干す姿をマニア限定でじっくりご堪能下さい。
※ザーメンマニア専門の為、絡みシーンはありません。

Read the rest of this entry »

0

スペルマ妖精10 美女の精飲 葉月可恋

ASFUR スペルマ妖精10 美女の精飲 葉月可恋 DVDジャケット

ASFUR スペルマ妖精10 美女の精飲 葉月可恋 DVDジャケット

可愛い顔してるくせに精飲が大好きというエッチな19歳!のスペルマ妖精可恋ちゃん!
そんな可愛い妖精ちゃんにマニア軍団の溜めに溜めた特濃ザーメンを、たっぷり飲ませちゃいました!そして、まさかこんな子が…と思うほどエゲツない飲みっぷりを披露!誰の精子でも、どんなに濃くても、どんなに大量でも、すべてニッコリ笑顔でごっくん!そんなカワイイザーメン妖精をザーメンマニア限定で、じっくりご堪能下さい!
※ザーメンマニア専門の為、絡みシーンはありません。
Read the rest of this entry »

0

葉月可恋 現場撮影レポート2

葉月可恋2まだあどけなさが残る19才のスペルマ妖精、可恋ちゃんだが、本性はチ○ポ大好きなエロエロ少女なんですね~!そのマニアックでスケベ丸出しプレイが連発! Read the rest of this entry »

0

葉月可恋 現場撮影レポート

葉月可恋超美少女!1994年生まれの19才!葉月可恋ちゃん(元:雪本芽衣)が初の大量ごっくんにチャレンジ!スペルマ妖精にぴったりのキャラで飲みまくってくれました! Read the rest of this entry »