【川崎紀里恵】本物感のある秀作SM – 牝犬にされた女社長 肉奴●の誕生 川崎紀里恵

牝犬にされた女社長 肉奴●の誕生 川崎紀里恵

世間知らずで傲慢な二代目女社長紀里恵は、輸入した高級磁器の販売が低迷し苦しんでいた。

そこで大手雑貨チェーン店社長の澤田に近づき強引な営業をかけるが…名うてのマニア毒蜘蛛澤田の糸に搦めとられ、その豊満な肉体と迫力ある巨乳は思う存分嬲られ辱しめられて、挙句の果てに待っていたのは最も恥ずかしい大量注入浣腸だった。

「牝犬にされた女社長 肉奴●の誕生 川崎紀里恵」の本編動画はこちらから

女優名: 川崎紀里恵

チープ

相変わらず酷い出来。

チープさが全面に出ている。

社長のシチュエーションも最初まで。

なかなか良い

社長室にピカソ(まさか・・ストーリーはゲルニカをイメージ?)・・はどうでもいいけれど・・なんといっても川崎紀里恵さんがいい。

彼女のふくよかな裸体は麻縄がよく似合う・・ということで、全裸麻縄緊縛が多いことが素晴らしい効果を生んでいると思う。

ただ、少々凝りすぎ・・途中の手ぬぐいさるぐつわは大きくて顔が見えないし、浣腸で上着着用は??、ろうそく責めでの片足縛りは均整さを削いでいる。

もう一つ、最後のシーン・・完全着衣での緊縛・・はどう考えてもおかしい(必然性が何もない)・・全裸緊縛が当たり前では?

本物感のある秀作SM

薄幸感のある顔立ちでドM感漂うシネマジック社にフイットした女優さんだ。

アラフォーながら肌艶のよい綺麗なカラダ。

麻縄からこぼれるゴム毬のようなバストは出色の美しさだ。

玄人好みのするドM美人だと思う。

ケレン味ないストーリーでシネ社テイストが正統的に発揮されている。

二代目女社長らしい生硬さが、部下を叱責するシーンやナレーションに表れていて味わいがある。

元部下となった男に「ビンタされてションベン漏らす、変態だなアンタ」と責められたり、蝋燭責めや浣腸もあるSMフルコース感が良い。

緊縛映像美も見応えがある。

中盤の着物での緊縛姿シーンは丁寧にじっくり撮られている。

後半の全裸でギャグボールを咥えさせられた「後手縛り片脚部分吊り」も見応え十分のSM美だ。

スーツ姿で緊縛されて床に転がるエンディングシーンはもう一工夫あってもよかったかもしれない。

ナレーションの「相変わらず会社の経営は厳しいですが、今の生活に不思議な悦びを覚え始めています」を活かすためには、全裸緊縛姿で二人の男から鞭打たれるか、ソファに腰掛けた二人をフェラする映像が欲しかったと思う。

「牝犬にされた女社長 肉奴●の誕生 川崎紀里恵」の本編動画はこちらから