【向井藍, 浅田結梨, 尾上若葉, 碧しの(篠めぐみ)】内容確認程度に – 老人の執拗な愛撫に悶えて濡れる若妻

老人の執拗な愛撫に悶えて濡れる若妻

老人性愛の虜。

若い肉体は老獪な性技に溺れていく。

「下品で執拗な愛撫が上品な皮を剥がしていく」「老人のねちっこい愛撫で性の悦びが芽生えていく」「瑞々しい若妻の肉体を老獪な罠で好き勝手に弄ぶ」「介護の中で芽生えた老人性愛」—私でよければ、性欲を吐き出してください。

「老人の執拗な愛撫に悶えて濡れる若妻」の本編動画はこちらから

女優名: 向井藍, 浅田結梨, 尾上若葉, 碧しの(篠めぐみ)

肝心のシーンに、あえて興奮を削ぐBGMをつける無能演出で台無し

今や、AV界の一大ブームというか、れっきとしたジャンルとして確立されているNTR(寝取られ)モノ。

その中でも、人妻が年老いた義父や近所のじいさんに襲○れちゃう系は、どのメーカーの作品も安定したクオリティーが見込めるので、大好きなのですが、このオルガだけはいただけない。

全然ダメです。

なにがダメって、とにかく演出と編集が最悪。

その中でも、今回の4作品総集編は、どれも、せっかくの、老人が人妻をレ○プしようと迫る、一番肝心の、一番興奮するシーンに、なんの目的があるのか、でっかい音量でクラッシックBGMをつけているのです。

それも有名な美しいメロディ系のピアノ曲。

これを演出した監督もしくは編集した人は、頭の中がどうにかなってしまっているのでしょうか? 無能どころの騒ぎじゃありません。

今すぐ業界を引退したほうがいいです。

寝取られ系で有名なアタッカーズさん、ながえスタイルさん、マドンナさん、溜池ゴローさん、どのメーカーのどの作品でも、一番の見せ場の肝心の興奮シーンは無音もしくは、緊迫感を煽る系のBGMです。

そりゃそうでしょう。

NTR作品にとって、ファーストレ○プシーンは、一番の抜きどころ、一番の興奮するシーンなのです。

それなのに、逆に興奮を削ぐBGMをつける意味がわかりません。

向井藍さん、尾上若葉さん、碧しのさんという、他のメーカーで数々の傑作を生み出している名女優さんの演技が台無しです。

内容確認程度に

総集編なので。

4人の女優さんはそれぞれ単品があるので気に入ったものがあれば、そちらが良いかと。

「老人の執拗な愛撫に悶えて濡れる若妻」の本編動画はこちらから