【松下ゆうか(愛乃彩音、藤咲ゆうか)】良い。 – 人妻浣腸悦虐 愛乃彩音

人妻浣腸悦虐 愛乃彩音

超肉感的ボディを誇る人妻・彩音が浣腸羞恥に泣き濡れて、SM遊戯の快感に悶え狂う!悩ましくうごめき男を誘うたわわな乳房と強調された尻、和とボンデージのミスマッチ感が生み出す、これぞエロティシズム新境地!

「人妻浣腸悦虐 愛乃彩音」の本編動画はこちらから

女優名: 松下ゆうか(愛乃彩音、藤咲ゆうか)

SMをどう考えるか・・・

の違いだとは思うが、この作品の内容はSMのあるべき姿ではない。

かつては、浣腸しても排泄そのものは撮らず、また見せなかったものだ。

また、男は女のM性を引き出しながら、そのプロセスのなかでこそ本番もあったはずである。

肉体を傷つけられ、責め苛なまれることは、いかにM性の強い女性であっても好むところではないはずだ。

SMは拷問まがいのことをするのでもなく、みみずばれのできるほど肉体を傷つけることでもない。

女と男がM性とS性の感情・感性を高めあってこそ、本物のSMだ。

その点から、この作品はSM作品として最悪である。

老舗SM映像メーカーの見識を疑う。

女優の素材はいいのに

どうもあの黒革のマスクは好きになれません。

鞭は一本鞭ではなくバラ鞭の方がいいのです。

好みもあるのでしょうが、一本鞭は音がほとんでしないので迫力に欠けます。

肌が裂けるようでただ痛々しいです。

排泄シーンでは顔のアップを映していたため一番いいところを外してます。

浣腸マニアの方には不満では。

マニアックな、じっくり重くて、官能的な世界。

実にマニアックな秀作。

特に一本鞭と蝋燭のシーンは、重くじっくりと見せてくれます。

女優さんは、過度なパフォーマンスに走ることなく、リアルに反応鋭く、責めを受け入れています。

蝋燭では、局所へのダイレクトな責めが見られ、特にアナルへの熱の刺激は稀有でかつ強烈。

そして、女優さんは、嫌がることなく耐え、ビクビクとのけぞる体の反応が実に官能的。

全体としてはややカッタルイところもありますが、奥深く楽しめる官能SMの秀作だと思います。

このSM映画・小説を貴女にNO.216

★テーマ選択ポイントリットル浣腸器の迫力その威力はズズーンと下腹部にきます

肉感的な臀部とさらけ出される肛門

M女の肉付がよい。

特に肛門を晒しながら責めに耐えているシーンが多く見せ方を心得ている女優であろう。

乳首への激痛を伴う責めや一本鞭のような拷問系の責めが無いのが玉に瑕である。

折角の体つきなのだから四つんばいで庭を歩かせるシーンや野外で放置し失禁や脱糞させるプレーも良いのではなかろうか?

愛乃彩音

せっかく愛乃彩音出演作品ですが・・。

監督がクズなので、そのへんは覚悟して観て下さい。

ただ愛乃彩音は反応もよい、良い女優だと思います。

愛乃彩音ファンの人だけ観ましょう。

マニアックすぎて・・・

これはマニアックに過ぎるねえ。

監督の魁氏は、自身の美的境地に浸りすぎ。

細かなこだわりが見てるものにとっては、冗長となり、退屈さにつながる。

もっと荒々しさや展開の激しさといったものがSMには必要だ。

良い。

よくも悪くも貫禄十分のベテラン女優。

ヘアの手入れもカンペキ。

縛られた姿が美しい。

しかし!カンペキすぎて抜けない。

「人妻浣腸悦虐 愛乃彩音」の本編動画はこちらから