【麻美ゆま】どの絡みもなかなか良かった – きょうの性処理当番 麻美ゆま

きょうの性処理当番 麻美ゆま

「こうなったのはキミのせいなんだよ」取り返しのつかないミスをおかした敏腕OL・ゆまに課せられた代償は、とても堪えがたいものだった。

真夜中のオフィスで男性社員の性処理と肉欲接待まで強いられる。

もはや辞表を出すことすら許されず、好きでもない男とカラダを重ねる。

「ほら、もっといい声で鳴いてみろ」上役のサディスティックな責めに、たまらず甘い声が漏れる。

従順になっていくカラダは、もうどうにもできない…。

「きょうの性処理当番 麻美ゆま」の本編動画はこちらから

女優名: 麻美ゆま

良いけれど・・・

ドラマ物もいいですね。

ただちょっと暗いかな。

ゆまちんはもう少し明るい作品で活きるような気がします。

セックスはさすが素晴らしいです。

犯●れながら、悔しさをにじませるところなど、すごく興奮します。

全体的には良いです。

ですが、もっと良い彼女の活用法があった気もします。

安定

内容自体は温いソフトレ●プ。

はっきり言ってタイトル負けしてるが、麻美ゆまの演技や反応の良さで救われてる作品。

絡み自体は普通だが、嫌がりながらも感じている様は流石の安定感。

胸は流石に垂れ気味だが、肉付きも良くウエストもきっちりくびれている。

体形はしっかり維持出来てるのも見事。

もうちょっときっちり性処理をさせられてる過程を描いて欲しかった。

ゆまCが同僚、上司、社長、狒々爺に屈辱に震えながら仕えていく…

ゆまが作成した見積書致命的なミスが…!獣たちが次々に襲いかかる0:06同僚が尻拭いの見返りを要求怒りに身を固くしながら男根を咥える美乳で扱かされ秘花を貫かれる迸りが顔面を襲い穢れた肉塊が唇を穿つ…0:37性処理当番として会議室へ上司に脅されて…恥部を執拗に責め立てられ喘ぎ啼き嫌悪しながら一物を咥えさせられる強要され男の膝に乗って剛直を迎え入れて…1:09連日の性処理当番秘部を弄られ呻き泣き男根を咥え精液を啜る…1:19耐え切れず退職を願い出るが…損失補てんの為に相手社長に身を任せる事を強要されてしまうケツ穴まで晒し舐めしゃぶられ呻き泣く社長にまで嬲られて夥しい獣液にまみれていく今日もロッカーには性処理当番を命じる張り紙が…ゆまCには陽性のHの方が似合ってるかな…ちと辛かったです

さすが!の一言

大ベテランはやはりうまいなぁ。

嫌がるという設定はきっちり守りつつも、鑑賞する人のためにちゃんと声は出すという、「犯●れてるのに声出しすぎだろ」とか「無言だと使えないだろ」とかのどちらの批判もかわせるようなラインで作品を成立させています。

演技下手な女優さんはこれをお手本にしてほしいと思うような作品です。

口惜しそうな表情がイイ

この手のストーリーが好きな人にはたまらない表情だと思います。

男性陣のニヤけた表情がまたイイですね。

表情が良い

麻美ゆまは表情が良い。

主なカラミは2回。

どちらもフィニッシュは顔射。

四つん這いで召し上がれ

正直なところ作品やカラミの内容はイマイチ。

でも一つのシーンはズリネタのローテーション入りです。

個人的に気に入ったシーンは四つん這いにさせられアナルとオマ◯コを男に差し出し思う存分味見されるシーン。

アイドル並の顔にカラダとテレビでも活躍してるゆまの下半身を味わってくださいと言わんばかりに差し出し男優も仕事を忘れ堪能しているシーンは最高でした。

シリアスな役もこなす麻美ゆま

麻美ゆまを見るのは初めてだが、評判に違わぬ良い女優であり、綺麗な身体をしている。

顔は喜劇向きなのだが、本作ではシリアスな役を巧く演じている。

 撮影当時は芳紀正に25歳なのだが、何か化粧の乗りが悪いな、と思っていた矢先、衝撃のガン治療報道である。

 元気に復帰してくれる事を祈るのみである。

 さて、本作は40分辺りから上司の前で自ら服を脱ぎ全裸になり同僚男性の手マンで潮吹きをやらされる箇所と82分から上得意の社長の前に下着姿で立ち、部長の命令でショーツを取り尻を社長に向けて尻肉を広げてマンコを開帳するところが良い。

 観念して自らの身体を差し出す演技は、熟女なら羞恥を見せるのだが、若い女の子はふてぶてしく立ち向かう、その違いを良く演じている。

 モザイクはこの制作年月にしては粗い、もっと赤い媚肉が見えてもよさそうなのに残念。

AV歴史上に残る女優、麻美ゆま。

やはり天才と感じいる作品。

この嫌がる表情、美しく訴える瞳。

引き締まったボディ。

何でも出来るゆまチン。

この作風とても気に入りました。

「悔しさを滲ませながら脱ぐ状況」好きにはたまらん作品

「悔しさを滲ませながら脱ぐ状況」好きにはたまらん作品手をぎゅっと握り悔しそうな表情がGood!強引なレ●プモノじゃなくて良かった

シチュエーションが期待外れも、麻美ゆまの演技が秀逸

全体的な流れとしては、?罠にはめられ弱みを握られてオフィスでのファーストレ●プ?性処理当番になることを認めさせられ、味見をされる。

?性処理当番としての日常シーン(時間が短く、シチュエーションも乏しい)?肉体接待という流れで、肝心の性処理当番としての描写が物足りなかった。

もう少し、森ななこの「僕の妻は仕事の評価をカラダで…」のようなシチュエーションが欲しかった。

しかし、麻美ゆまの演技が良かった。

最後まで壊れることなくしっかりと演じていた。

そのため、最後の肉体接待のシーンまである種の緊張感(ワクワク感?)を保って鑑賞する事ができた。

また、坂本優二監督の演出も手堅く、ストーリー展開も無理がなかった。

期待からは外れたが、作品としては楽しめた。

あかり作品は、イマイチだったけど …

本作も、なんか…。

ジャンルとしては「OL陵●もの」なんでしょうが、アリスは、ぬるいからなあ。

(1) vs一徹。

まあまあ。

(2) vs沢木。

一徹とは絡みナシか。

(3) トイレ。

ハメなし。

尺稼ぎだな。

(4) 肉体接待。

騎乗位が

麻美ゆまさんのスタイルは相変わらず素晴らしいです。

柔らかさと形の良さを兼ね備えた巨乳も健在。

とはいえ、シチュエーションの都合もあり、神業とも言うべき騎乗位があまり無いです。

個人的な好みの問題ですが、そこが残念でした。

どの絡みもなかなか良かった

最初の絡みはジュボジュボくわえたりパイズリの様子やバックや寝バックでの激しいピストン、手マンでの潮吹きも途中あり顔射後のお掃除フェラも良かった2回目の絡みは、手マンの様子やジュボジュボとねっとりとしたフェラ騎乗位の腰使いや立ちバック顔射後のお掃除フェラも良かった最後の絡みは、自分でアソコを広げたり手を添えずにくわえたりイラマがあるフェラもエロく顔射後のお掃除フェラも良かった若干物足りなさがるのは残念

「きょうの性処理当番 麻美ゆま」の本編動画はこちらから