【藤波さえ】感じまいと耐えるほどに絶頂は深くなり – 口ゲンカから始まる本当は気持ちいいくせに絶対認めない母と息子のわがままSEX 藤波さえ

口ゲンカから始まる本当は気持ちいいくせに絶対認めない母と息子のわがままSEX 藤波さえ

息子と決してあってはならない関係を結んでから、既に2年。

このままではいけないと感じた私は、カラダをまさぐってくる息子の顔にビンタを放ち、息子を拒むことにしたんです。

けれど息子は夜になると私に迫ってきて…。

そして気持ちよくても我慢しなければいけないことに、段々私は感じ始めてしまい…。

「口ゲンカから始まる本当は気持ちいいくせに絶対認めない母と息子のわがままSEX 藤波さえ」の本編動画はこちらから

女優名: 藤波さえ

倫理観からじゃなく、日常の口喧嘩からの仲直りが見たかったです!

母子ではなく、恋人や夫婦の口喧嘩だった方が期待していたものに近かった様です。

でもいい作品でしたよ。

歯を食いしばって耐える表情は見応えありました。

感じまいと耐えるほどに絶頂は深くなり

スリップを着て息子「純吉」(柏木純吉)と同衾する「藤波さえ」。

舌を絡められ、耳朶や首筋や二の腕や脇の下を舐め回され、乳揉み、手マン。

乳首や腹や太腿や陰核をねぶられ、顔騎しながら乳首をつままれる。

乳頭や陰茎や睾丸をしゃぶり、パイズリ。

正常位、前座位、騎乗位、後背位、正常位で中出し。

「母さん、気持ちよかったよ」「ね、純吉、もうこんなことやめましょう」「え、何でだよ」「もうすぐお父さんも出張から帰ってくるし、こんなことまともじゃないわ」「嫌だよ。

俺はいつまでも母さんとしていたいんだよ」「もっと若くてきれいな子がいっぱいいるじゃない。

もう今日で終わりにしましょう」「何だよ、それ。

俺は何と言おうと、母さんが一番なんだよ!」キッチンで食器を洗うと、抱きすくめられる。

「やめて」と拒むが、しつこく躰をまさぐられ、ビンタ。

激昂した純吉に乳揉み、手マン、キスされ、舌をつまみだされ、べろキス。

乳吸い、乳揉み、尻揉み、手マンされ、ショーツを絞りあげられ、アナルや尻や陰核を舐め回され、指マンで潮を噴く。

イラマされ、パイズリ、乳首コキさせられ、口内射精。

「もうこれで最後だからね」リヴィングで洗濯物を畳みながら、純吉の愛撫を想い出す。

いけないと思いながらもソファで乳揉み、マンズリ。

紫のスリップを着て布団で眠る。

掛布をはぐられて、「あ、何、純吉?」「母さん、僕、我慢できないんだよ」「何してんのよ。

駄目だって言ったじゃない」「何言ってんだよ」「この間で最後だって言ったでしょ。

やめなさいよ」「僕は母さんじゃないと駄目なんだよ」と唇を奪われる。

乳を揉まれ、乳首や耳朶や首筋や脇の下や腹や足指や脚や尻や背中や陰核やアナルを舐め回され、指マン。

馬乗りされてパイズリ、乳首コキさせられ、イラマされ、69。

「僕は母さんとじゃないと駄目なんだよ。

母さんもだろ」と正常位で犯●れる。

松葉崩し、後背位、背面騎乗位、撞木反り、正常位で歯を食いしばって何度も痙攣し、「母さん、もう僕、イッちゃいそうだよ」「やめて、駄目」「ああ、イクッ」「やめ、やめて」と抗いながら、膣内射精。

さえさんは30歳で「石田えりこ」としてデビューしたが、31歳で引退。

37歳で「藤波さえ」と改名して現役復帰。

なるほど石田えりを細面にしたような顔立ちで、スタイルもよく、柔乳は90センチ。

乳首を舐められただけでびくんびくんと震えるほど敏感だ。

「口ゲンカから始まる本当は気持ちいいくせに絶対認めない母と息子のわがままSEX 藤波さえ」の本編動画はこちらから