【夏目彩春】ラブリー夏目彩春 – 人妻NTR 背徳のマッサージ 夏目彩春

人妻NTR 背徳のマッサージ 夏目彩春

勃起不全に悩む健は、旧友・岩田と再会。

健は自らの悩みを打ち明け、岩田に妻の有紀を抱いて欲しいと頼み込む。

翌日、何も知らずに岩田が経営するマッサージ屋を訪れた有紀。

岩田のマッサージに有紀の体は熱を帯びて…

「人妻NTR 背徳のマッサージ 夏目彩春」の本編動画はこちらから

女優名: 夏目彩春

あな許の新境地

アタッカーズの寝取られ=あな許の焼き直しというのが定型化してるので、正直見る前からうんざりしてる部分があったんだけど、これはなかなかの新境地。

「あな許」と「夫の目の前で~」という既存のコンテンツを用いながら、寝取らせとじらしという特に新しくもない要素を持ち込むだけでこうも新鮮に見られるとは思ってなかった。

よく見慣れた夫役の男優の狂気ぎりぎりの緊迫感のある熱演もドラマの質を上げている。

最初のドラマシーンでの女優の人妻っぷりからの、ちょっとメイク薄めのカラミも好感度高め。

よくある騙しエステ系かと思いきや、最初は乳首もマ○コも責めずにギリギリの責めで性感を刺激するだけで帰すというじらしから始まり、2回目のエステでは本番まで持ち込むんだけど、それも強引なレ●プじゃなくて、拒もうと思えばいつでも拒めるくらいのゆったりとした犯し方で、人妻の側に抵抗するかしないか選択肢があることがむしろ精神的な責めになっており高評価。

このまま一気に堕とす流れかと思いきや、さらにじらしだけのワンテンポを入れることで、人妻の側が精神的に完堕ちして夫をはっきりと裏切って男を求めたところで、仕掛け人である夫が登場。

しかもそこで夫が興奮するだけならただの定番だけど、寝取らせたくせに寝取られた妻を絶対に許さず切り捨てるという狂った精神がこの作品の最大のポイント。

夫の中出し許可から妻が家を追い出されるラストまで、不条理な鬼畜さが非常にアタッカーズらしいと言える。

最後の中出しはもうちょっと授精感を強調してほしかったとか不満がないわけじゃないけど、ちょっとした工夫で既存コンテンツの新境地の可能性を見せた作風は1作で埋もれていいはずがない。

正統に評価されて「夫の目の前で~」「あな許」に続く第3の定番になってほしい。

間違っても夫も交えて3Pみたいなありきたりな作品に変えちゃわないでね。

悪くは無いです。

正直、この監督の彩春ちゃん出演作品は私的には凡作が多いイメージだったので、とりあえず艶っぽい彩春ちゃんを拝めればヨシとしよう程度の気持ちで購入しました。

が、良い意味で期待は裏切られました。

先ず、他の方もレビューされていますが普段人の良いだけの旦那役の男優さんが、ちょっと屈折した愛情を妻に注ぐ夫を好演しています。

彩春ちゃんもEDの夫を愛しながらも欲求不満の体をもて余す妻と言う役を良く演じています。

この夫婦の哀しい業が作品に良いスパイスになっていると思います。

又、寝取り役のマッサージ師も、いきなりレ●プではなく段階的に性感を刺激して彩春ちゃんを堕としていくという演出も興奮させられます。

ただ、不満を言わせていただくと2回目の絡みがクンニと愛撫で彩春ちゃんを焦らし挿入無しで終了して実質2本番だった事です。

演出上必要だったとは思いますが、ならば尺を伸ばしてもう1エピソード入れても良いのではと思います。

後、ラストシーンが監督の悪い癖で中途半端な感じの終わり方だった事です。

しかし、この2点を差し引いてもなかなか面白い作品だと思います。

夫の歪んだ愛が美人妻との決別に

EDで最愛の妻を満足させられず苦悩する夫が「妻を抱いてほしい」と友人に懇願。

知らずに男のマッサージを受けに来店する人妻は、上品な美貌と細く長い首筋から漂う色香。

頼まれなくても抱きたくなります。

徐々に微妙な部位に指が進み「そ・そんなとこまで…困ります・」貞操を守るべく拒む人妻と微妙なラインで留める男。

性感帯を微妙に攻められての甘美な美貌に暴発しそうになる私。

「続きは明日…」で安堵と不埒な情欲が交錯して帰宅。

夜、性感が蘇り「あなた・」呼んでも寝入る夫の隣で乳首をつまみ、パンティに手を入れて自慰する妻の哀しさ。

翌日はオイルを塗られ、貞操の境界線を突破。

直に乳房を揉まれ、潤う淫部まで指が侵蝕。

「オイルだけじゃないな」「そこは・だっだめです…」「奥さん綺麗だ…こんなになるまで抱かないなんて」逃げる余地があっても抵抗の域を出ない人妻。

肉茎を触らせ「硬いの久しぶりだろ」「挿れさせてもらうよ」一気に埋め込まれてしまい、背徳心と久々の熱い快感に苛まれる美人妻。

一週間後、刻まれた記憶は消えず自ら抱かれに訪れます。

一方的に犯●れるのではなく、犯してもらいに行く…ぞくぞくの展開。

男のテクに身悶え、括れに浮き出る腹筋は芸術的な美しさ。

人妻の覚悟を弄ぶように攻め「ぉまんこ気持ちぃ・ちんぽ欲しい・イきたい・」などと言わせながら手淫や口淫で寸止めを繰り返す高等な焦らしテク。

挿入もお預けで「続きは奥さん宅で楽しもう」肉欲への渇望だけが膨らみます。

待ち焦がれたように舌を絡ませる人妻。

男の乳首に這わせる舌の動きは別人のよう。

襲われて必死に抵抗…ではなく、彩春さんは主導的に淫らに舌を這わせ、官能的に没入するSEXが最も輝きます。

夫婦のベッドで長い髪を振り乱し、全裸で愛欲に溺れる人妻。

遂には求めてやまなかった熱く漲る男根を受け挿れ、この上ない快楽に陶酔する美顔。

愛欲が最高潮を迎える中、夫が現れ一気に修羅場に。

「いやぁあ・あなた見ないでっ!…」止めるか続けるか選択させる男。

覚悟を決めた人妻は夫の視線も刺激に騎乗位で淫らに腰を振る濃厚なセックスに没入。

見入る夫に「中に出すぞ。

」頷く夫。

夫を見つめる憂いの表情は背徳心か軽蔑か。

その後玄関を出る妻は男の元へ行くのか、離縁されたのか…。

夫の歪んだ愛が最悪の決別に…。

彩春さんの圧倒的な美しさと魅力を存分に生かした秀逸なドラマ。

私の心の妻彩春さんの代表作に躍り出ました。

相変わらず うつくしい

マッサージということで 購入。

 それと、夏目彩春。

これで12作品目の 購入。

夏目彩春だからこその切なさ

一見幸せそうに見える夫婦関係。

夫の出勤を見送る彩春の優しいまなざし、その仕草には性生活への不満は読み取れません。

一方、妻を性的に満足させていないと悩む夫。

偶然出会ったマッサージを営む友人に妻を抱いてくれと無理やり頼みます。

これも愛ゆえの混迷、愛ゆえの過ちなのか?マッサージを受ける彩春の演技が玲瓏。

少し訝しげに、それでも夫の友人という関係から際どいマッサージを拒むことをせずに感じてしまう。

その全身の表情だけで抜けそうです。

翌日はマッサージで焦らしに焦らされ、とうとう自宅で、夫の見ている前で背徳の行為。

夫の打ち明けを聴いて愛の過ちを知る彩春の表情に切なさを感じます。

ラストの玄関から出ていくシーンの意味するところは?BGMのピアノからは寂しい結末を想像しますが、3人の新しい関係が築かれていく次の物語を見てみたいなと思いました。

妻は苦しみ抜いた末、夫の仕掛けと知りました。

EDの夫の企みとも知らず、彩春さんは己の欲望を露わにされてしまいます。

そして禁断の不倫行為に堕ちてしまいます。

彩春さんは心の葛藤と背徳の喜びを最高の艶技力で表現しています。

この罪の意識を振り切って夫の友人に抱かれることは、女の愛欲の凄まじさをわからせてもくれます。

夫はこのまま、知らぬ顔をしてくれたら、いびつながらも、夫婦関係は成立していたのかも知れません。

でも、旦那は自宅で、夫婦のベッドで、彩春さんの積極果敢なSEXの現場に突入しちゃいます。

勿論、パニクりながらもSEXはやめません。

夫の仕打ちは彩春さんの心を踏みにじるものでした。

最初から打ち明けてくれていたらどんなに楽だったろう、いや、もしかしたら、こんな風にはならなかったかも・・。

彩春さんは腰を振りまくり、最後まで突き進んでしまいます。

男のエゴと、満たされない女の苦しみをしっかり魅せてくれた作品です。

ラブリー夏目彩春

このビデオは、夏目彩春が合意のある性的シーンではるかに優れていることを証明しています。

我々はすでにそれを知っていた!実際、誰もがレ●プシーンに疲れています。

私たちは、彼女が泣いたり叫んだりして、いたずらなセックスを楽しんでいるのを見たいと思っています。

私はスタジオと監督がこれに注意して、笑顔の夏目彩春を私たちに返すことを願っています。

夏目彩春は女優の中で最も美しいです。

彼女が1か月に1つのビデオしかやらないのは残念です。

1ヶ月は長い待ち時間です。

「人妻NTR 背徳のマッサージ 夏目彩春」の本編動画はこちらから